引越しの日取りの決め方

いざ、引越しする事が決まったらその日取りについて、決めると思いますが、みなさんご存じの通り、カレンダーには、六曜と呼ばれるものがあり、引越しを行うのに良い日と悪い日があります。

 

一般的に引越しは、3月から4月、土曜・日曜・祝日の日が忙しく、時期や曜日、時間によって引越し料金も大きく変わります。引越しを行う際に良い日としては、大安、吉日がありますが、引越しを行う人は、大安や吉日を狙い引越し業者に依頼する人が多いためなるべく早く予約を入れないと取られてしまう事も多いです。

 

一方、引越しを行う際に悪い日としては、仏滅などがありますが、必ずしも引越しを行ってはいけないわけではありません。もし、仏滅などの悪い日にどうしても引越しをしなければならない場合の良い対策法があります。

 

一般的に引越しをする場合、何日も前から荷造りや各手続きを行い引越し当日に荷物をすべて運び出すと思いますが、大安や吉日の日に自分自身で必要なものだけを事前に新居へ運び出す事でその日が引越しを行った人になるのです。

 

お金に余裕があるのであれば、必要な荷物を運んだ後にそのまま居座っても良いと思います。そして、引越し業者に依頼した日にその他のすべての荷物を元の住んでいた住まいから運び出せば良いのです。

 

そうすることで、大安や吉日などの引越しを行いのに良い日に引越しを行った事になり、引越しを終えたのがすべての荷物を運び出した日となるのです。